病気と病院と

10
ホッピー



はい、かーちゃんです。
最近またボケーっと病で何もやる気でず。
ホッピーにうん●爆弾くらう前に復活せねば。


ってことでブログブログ。

さて、みなさんもご存知のとおり
ホッピーはかなりの頻度で病院に通ってました。

何?
何の病気?

って思ったっすよね。


今回からはこんな話を・・・・

例えば⬇




重要視してたのは

●副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
●胆泥症



そして





でもって




などなど。

で、16歳にぐらいから僧帽弁閉鎖不全症
そして18歳を過ぎてから腎臓病に。
てんかんの疑いまで出てきてよ。


まぁね、歳とれば色々と出てくるっすよね。



何よりも何年も前から
原因不明の呼吸が苦しくなるやつ。
ありとあらゆるその時のホッピーにできる検査をして
紹介してもらい色んな専門医に診てもらったけど不明でさ。

これはね・・・・書いても書ききれないかな。




王子ではなくてじいちゃん。
(ㅍ_ㅍ)





始まりは多分クッシングだったような気がする。
まぁ、そのへんからの事は
また詳しく書いていくっすけどね。


1ヶ月に平均7回かな。
通ってたのは。





とかとか⬇⬇






もっと通って頑張ってるコも沢山いるとおもう。
本当に頑張って頑張ってる子たち。
ホッピーなんか少ないほうかも。




近所の病院一件
眼科の専門医がいる病院一件
呼吸器の専門医がいる病院一件
(↑ホッピーの最後を診てくれた病院)

そして痛みとか、緊急&ヤバイ時は
愛甲石田どうぶつ病院



愛甲石田どうぶつ病院での図↑



そだな、だいたい3件を回ってた感じかな。



最悪だな
(´ㅂ`;)




でもさ、本当に頑張って通ってくれたなと。
目も突然見えなくなって耳も聴こえなくて
本当に怖いとかさ嫌と…だったはず。

すまない。
かーちゃんわかってあげられずで。
すまん。



それでも本当に頑張ってた。



そうそうついついあげちまってな。
かなり食ってた食ってた。
(*´艸`)




病院連れてくのも大変だけとさ
やっぱり病院選びはかなり重要だと。
今だに思うごめんの中に
何であそこに連れて行った。
何で変えなかった。
そういうのもあるからさ。

その話はいつか話せるようになったら
話そうと思うけど。



まぁ、なんだ。
そんなこんなで
あんな感じのホッピーだったけど
色々と闘ってたってことで。

また次回病気に関して詳しく書くっす!

では、今日はここまでで。





 





2つのランキングに参加中です。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村



人気ブログランキング




Facebook版
お留守番犬・ホッピーの日々
Facebookではブログ更新一言と
留守番中のホッピー写真を随時UPしています。

instagram版
erika_hoppy
instagramにはボツ写真から載せきれなかった写真を
順次UPしてますのでよかったらご覧ください。


こちらの記事もどうぞ


10Comments

ガリッコ  

あんなにホッピーちゃんのために頑張って、やれるべき事をいっぱいやったかーちゃんさんですら、
「今だに思うごめんの中に何であそこに連れて行った。
何で変えなかった。」なんて思うなんて、、、😭
私なんて、全然全然足りなかったと思います😰
ちゃんともっと、かーちゃんさんの様に、やってあげてたら、もっと長生きさせてあげられたなかな?!とか😥
しかし、何をしても、どの道を選択しても、たらればを考えてしまうんですよね😔
時が経てば、あれで良かったんだ!!って納得できる日が来るんでしょうかね?!😓
そのためにも、愛犬と過ごした日々をいっぱい思い出しながら、頑張らなくっちゃですね✊

2024/02/08 (Thu) 12:22 | EDIT | REPLY |   

しょこぴーのおかあちゃん  

かーちゃんさん&ホッピーさん

本当に本当によく頑張りましたね。
ホッピーさんのために
かーちゃんさんがその時に
最大限やれることを精いっぱいされていると思います。
そのかーちゃんさんの想いに通院を頑張ったホッピーさん
時には病院へ着いても気配を消していたホッピーさんでしたね。
ふとした時にかーちゃんさんの気持ちの浮沈み
お察しします。
なのでくれぐれもかーちゃんさんの気持ちに
余裕がある時に
かーちゃんさん&ホッピーさんの貴重な闘病記を教えてください。
今までもかーちゃんさん&ホッピーさん
ブログを参考にさせて貰っていましたが
これからはハイシニアの我が家には
もっと参考にさせていただくことになりそうです。
くれぐれご無理されませんようにお願いしますね〜

2024/02/07 (Wed) 00:11 | EDIT | REPLY |   

キャラメルチョコチップ  

病名拝見して驚きました。
うちもほぼ同じだったので🥲
ホッピー君は勿論のことですが、かーちゃんさんもいっぱいホッピー君の為に頑張りましたね💪
かーちゃんさんも同じだと思いますが、私はその時は必死で、まず自分が元気でいなければという思いだけで病院を走り回っていました。
🌈に行ってしまった今、その張り詰めた糸がプツンと切れてしまったような気持ちですが、かーちゃんさんもどうかご自愛くださいね🍀
ホッピー君はいつも上から見てくれています🌈

2024/02/06 (Tue) 14:15 | EDIT | REPLY |   

ジャッキーのママ  

ホッピーちゃんクッシング症候群を患ってたのね…😨
これは大変な病気ですね…

この病気🆚母ちゃんさん&ホッピーちゃんの
奮闘記 是非聞かせて下さいね _φ( ̄ー ̄ )

2024/02/06 (Tue) 14:14 | EDIT | REPLY |   

ゆき☆  

病院はどの子もブルブル震えが止まらないほど怖い場所ですよね😰
どんなに病院の方が優しくても…。
そんな中、ホッピーさんよく頑張りました◎でも、かーちゃんも良く頑張りましたね◎
経済事情や仕事や様々な事情でみんながみんな同じように出来る訳ではないから、かーちゃんはよく頑張られたと思います。

2024/02/06 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

ホッピーくんとかーちゃんさんの大ファン  

かあちゃんさん❤

ブログを拝見して 病院通いが多いことはわかっていましたが
こんなに病名並べられて❗

かあちゃんさんもホッピーさんもよく頑張りましたね❤

目が見えなくても 耳が聴こえなくても
かあちゃんさんの一生懸命さはホッピーさんにしっかり伝わっていたのよね💞❤

お二人の絆の深さに深く深く感動致しました❤

かあちゃんさん ホッピーさん
ありがとう😆💕✨

2024/02/06 (Tue) 11:42 | EDIT | REPLY |   

くりまま  

勇気に感謝です!!

かあちゃんさん、
思い出すと辛いこともたくさんあると思います。
それなのに、ホッピーの闘病の事、書いていただきありがとうございます。
貴重な情報は、これからシニア世代になっていく我が家のクリちゃん含め、たくさんのワンコと飼い主の大きな力になると思います。
ありがとうございます!!!!

2024/02/06 (Tue) 11:20 | EDIT | REPLY |   

ANBE  

治してあげたい〜!!それは、椎間板ヘルニアで歩けなくなった時も・・・だよね。
動物病院選びは、本当に難しいとBELLの時に思った。
信頼してても、違う結果になる時もあるし・・・
私の見る目が無かっただけだったのかもだけどね(笑)
ホッピー、本当に頑張ったよね。色んな事で。
BELLは、病院を変えたくても
そんな時間が無かったかな。

私達は、色んな思いがあるけれど・・・
ホッピーは、今を一生懸命生きたんだと思う。

ホッピーは、かぁ〜ちゃんに『ありがとう!』と言ってると思うよ。

2024/02/06 (Tue) 10:51 | EDIT | REPLY |   

マシュママ  

色々な病気と闘っていたんですね。
ブログに書かれた内容しか知る由もありませんでしたが、ホッピーちゃん🥰頑張ってましたよね🤗
そしてかーちゃん、ほんとにほんとに大変でしたねお疲れ様でした🫶

山あり谷あり、何が起こっても2人で前進する姿はいつも勇気をくれました。
でもきっとかーちゃんひとりで幾度も涙を流したことでしょう🫶

何であそこに…何で変えなかった…有ります有ります。きっと誰にでも。
かーちゃんだけじゃありません。
それはホッピーちゃんもよ〜くわかってくれてます💕

かーちゃんはホッピーちゃんの自慢のかーちゃんです(*^^*)

2024/02/06 (Tue) 09:52 | EDIT | REPLY |   

ノアナナママ  

ホッピーちゃんの数々の病気を必死に治療の為に病院通いをした数年はそれは大変でしたね😥
かーちゃんさんの治してあげたい!という思いに応えるようにホッピーちゃんも頑張っていたんでしょうね…
こんなに頑張れたホッピーちゃんはやっぱりチューパマンだ👏
きっとお空🌈からかーちゃんおいら頑張ったと〜だから今度はかーちゃんが身体大事にすると〜言ってますね☺️
そしてありがとう😊って感謝してますよ💕
だからごめんなんて思わなくてもいいと思います。でも思っちゃいますよね😓
また無理のない範囲内で色々教えて下さいね🙏

2024/02/06 (Tue) 07:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment