津波のパワーって

19 0
東北地方太平洋沖地震

はい、かーちゃんです。
いやいや・・・TVを見ていた方も意外といたみたいで、正直あせってます( ̄ー ̄Δ)
本人たちはとってもうれしかったみたいですけど・・・
父様なんて電話口で 『俳優デビューしろって言われだらどうすっぺぇ~♪』 

言われねぇってのっ!!Щ(▼皿▼Щ)

まったくそんな心配せんでよかっ!困ったもんですよ・・・
それでもそんな冗談が炸裂するようになりかーちゃんは安心ですけどね。

先日であの日から2ヶ月たちましたね。
かーちゃんの家族は皆無事でした。運が良かっただけだ・・・と父様も母様も言います。
かーちゃんの同級生の両親が亡くなったり、MAKIの同級生も亡くなったり
本当にこの地震と大津波によって沢山の沢山の命が奪われ、
今もまだ行方不明者がたくさんいます。

津波・・・どれだけの力が、パワーがあるのか。
小さい頃から津波の話はおばあちゃんなどに聞いていたり
津波の街としても有名だったということもあり、防災の意識とか津波の威力などは知っていたつもりでした。

でも、今回その爪あとを見て愕然としました。
これからどうやって太刀打ちしたらいいのか????
あまりにも人間が無力に思えてなりませんでした。

今日は写真がたくさんあります。
そしてペットブログじゃなくてすいません。m(_ _;)m

0513_1.jpg

【防波堤の門】
閉じたはずの門が津波の引き波によって無残な姿に・・・。
消防団の方も消防車にのったまま任務を遂行しながら亡くなった方もいました。


街のシンボルだった三王岩では驚きの爪あとが残っていました。

0513_3.jpg

わかりますか??青い矢印の所。
津波が駆け上がっていたために草木がなぎ倒されています。

そして赤い矢印の先は普段ならこういう光景です。

0513_4.jpg

ここには幼稚園の時や、小学生の時、遠足とかでよく来ました。
ジョイとホピオの散歩でも実は行ってた場所のひとつです。

0513_12.jpg


それが↓

0513_5.jpg


どこからきたのか・・・この巨大な岩・・・
巨大岩から小さな岩までゴロゴロで道はなくなっていました。



そして父様の船がおいてあった付近にあった馬鹿でかいテトラポット↓

0513_6.jpg

えっっと・・・上の部分はどちらにいかれたんでしょうか????
ていうかそもそも、ここにテトラポットありませんでしたけど・・・・

※写真では小さく見えますがバカでかいです。

後ろを振り返ったら↓


0513_7.jpg

そこですかっーー!!ヾ(≧血≦;)ノ

本当にありえないし・・・どうやったらこんなふうにちょん切れるのか。


そして、今年の1月に撮った写真の矢印の場所。

0513_9.jpg

船着場になっていたこの場所が

0513_8.jpg

波に持っていかれて反対側の川に着地・・・( ̄ー ̄Δ)
しかも逆さになったましたよ。


本当はもっともっと沢山ありますが、多分すでに津波のパワーはわかってもらえたかと。
破滅した街だけじゃなく、こういう場所を見るとさらに恐ろしくなります。


0513_10.jpg


ここまで破壊されてこれから先どうなるんだろう・・・
元にもどるに何年何十年かかるんだろう・・・
写真をとってってそんな気持ちになりました。


でも、そんな気持ちを吹き飛ばす光景みつけました。
船着場と川の間の道路だった場所、100%津波に巻き込まれたはずなのに


0513_11.jpg

タンポポ咲いてました

地面に這い蹲るように花が咲いてました。

簡単にはこれから先いかないと思うけど、あきらめず前向きに東北魂で進もう!
このタンポポのおかげでそんなふうに心から思えたGWでした。



亡くなった方々のご冥福を心から心からお祈りいたします。


いつも応援&訪問してくれて本当にありがとう!

2つのランキングに参加中っすのでクリックして頂けると、
ホッピーもかーちゃんもニコニコですっ♪

人気blog rankingへ人気blog ranking

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村ミニチュアダックスフンド 

*コメントは承認後に公開となります

19Comments

はっさん  

かぁちゃんらしく

本当に信じられない津波…
エリカかぁちゃんが撮ってきてくれて、無事だった頃との照らし合わせをしてくれて、よくよくその凄さを実感させられますね。
あのテトラポットの頭・・・どうやって・・・ばっさり切り取られちゃったのですか?
だからこそ、こんな脅威から、お父さん、お母さん、妹さん、よくよく逃れていらっしゃって、信じられないですよね。

エリカかぁちゃんが見つけた「たんぽぽ」。
何だか涙が出ちゃいますね。
強く、暖かく、小さな命を必死で活かしている。
この命を見つけて、感じる、そのことが大切ですね。

先日、ネット動画で、津波がすぐそこまできてるからと逃げた後、おかみさんだけ、まだ逃げ遅れている人に声をかけるために降りていき、流されてしまったにも関わらず奇跡的に助かった、岩手の宝来館というお宿の凄まじい映像を見たのですが、つい先日、NHKで、その後、被災した方々が宝来館で、手を取り合って頑張っている様子をやっていました。
辛いけれども、またここに帰って来よう、はなれ離れになっても、いつか帰れることを信じていよう。
そう言っていました。
そして、その番組の最後、おかみさんは、新しい芽を出し始めている「ハマナス」を見つけるんです。
決して諦めてはいけないんだ、信じていることが大切なんだと、訴えているようでした。

今回の災害では、本当にいろんな人が辛い思いをしています。

家族や親類、友人を亡くした方や、家や思い出の品々が無くなってしまった方はもちろん。
家も家族も無事だけど、会社や仕事が無くなってしまった方だって。
何の病気でもなんでもないのに、置いて来なくてはいけなくて、無残に死を待たせているペットや家畜を飼っている家族の方々。
・・・みんな様々な辛い思いをしているのですよね。

誰が一番辛いとか、の、ランク付けは、するべきではないと思いますし、少なくとも、自分はそういった考え方をしないでいたいと思っています。
みんな辛い思いをしているのには変わりないのですから。

誰のやり方が正しいとか、間違っているとか、そういう見方もしたくないと思っています・・・

何時か読んだ心理学の本に、「人は自分の心の辛さを軽減するために、怒りをぶつける“対象”が、必要な場合がある」と、書いてありました。

殺人犯に殺された方の家族は、“殺人犯”へ。
交通事故(ひき逃げなど)で亡くなった方の家族は“相手の運転手”へ。
というのが一般的です。純粋な怒りは直線的だから。

ですが、状況によっては、少しずつ少しずつ、歪曲していくのだそうです。
浮気をされた彼女や妻が、浮気をした本人より、その“浮気の相手”に、怒りを向ける。というのが、その代表的なものと言われています。

では“自然災害”で被害を受けた家族はどうでしょうか。
誰に怒りをぶつけたら良いのでしょうか?

もちろん、元来、人は“我慢”という意識の持ち主なので、怒りの対象となるものがなければ、その怒りを飲み込み、耐えていこうとするものです。「怒り」のパワーをこれからの未来へ向かうパワーに変えて。

しかし、中には、その対象がないために、気持ちが歪んでしまって、同じ辛さを抱えてるはずの相手を、自分の辛さと比較し、中傷することで、自分の辛さを軽減しようとする人がいるのです。

「避難所からペットを出して欲しい」と訴えることも、
「お宅はまだ“まし”じゃないのよ、もっとひどい被害を受けた人がいるのに」と言うのも、
「あなたはそれしか支援しないの?」と言うのもそうなのでしょう。

そうしていなければ、自分自信が救われないのです。
そして、そういう人は、そういう考え方、そういう生き方しかできないのです。
それが悪いこととも思わないし、誰かに指摘されても、気付かないのです。
切ないですが、実際にあることと思いますし、しかたないと・・・

だからこそ、自分はそういった考え方をしないでいたい。ただそう思っています。
誰のやり方が正しいとか、間違っているとか、ではなくて・・・
少しでも、被災した方々のことを想う。
少しでも復興に繋がればと、考える。
そういったことが大切なんだと思っています。

たとえば、先日私は、岩手の「茎わかめ」を購入して食べました。宮城の「日本酒」を選んで飲みました。岩手の「白かりん」というお菓子を買って食べました。
そういったことも、含めて、今回の震災の大きさを想い、亡くなった方々のご冥福を祈りながら、無事に避難出来た方々に対し、自分が出来るところから、自分の手の届くところから、少しでも、その方々が心折れないで、一歩一歩、前に進んで行けますように、そしてそんなお手伝いが出来ればいいと思っています。

このブログは、エリカかぁちゃんとホピオ君のページです。
だから、エリカかぁちゃんは、かぁちゃんらしく、今のままで、感じたことを吠えたり、つぶやいたりして下さいませ。もちろんホピオ君は、ホピオ君らしく、いろんな人々に癒しを与えて下さいませ♪

だって、私たちは、かぁちゃんの目線で感動したり、一緒に吠えたり、応援したり・・・
エリカかぁちゃんの言葉に勇気をもらい、ホピオ君の笑顔に癒しをもらう、
エリカかぁちゃんと、ホピオ君のファンなのですから。

2011/05/15 (Sun) 11:43 | EDIT | REPLY |   

アトムの子  

業界情報

  今日知ったことですが、3月22日にはパチンコ業界は「津波」の宣伝をしていたそうです。

 パチンコ(ギャンブル全般)に興味の無いものでついさっきまで知りませんでした。

 腹立たしさと共に、石原都知事の目の付け所に感心しました。

 因みに、修学旅行の引率で三王閣に宿泊し、朝に海岸まで散歩したのを思い出します。

 やたらカラスに威嚇されました。

 浄土ヶ浜で観光船からウミネコに餌やりをして、お返しに糞爆弾も喰らったなぁ。

 30年以上前のことですが、秋田沖地震の余震の最中でした。

2011/05/14 (Sat) 10:50 | EDIT | REPLY |   

ぷぅ  

あらためて…

あらためて津波パワーの破壊力をかみしめたよ。我が家も海近
近所のちゃっちい水門ぢゃ役に立たないよ
(T_T)
月末に標高20M以下住民対象に避難訓練あるから参加します
あたしの街は今話題の原発も間近。
か-ちゃんの田舎同様に自然いっぱいのいいところなのに
原発だけがクローズアップされて【仕方ないケド】ちょっと悲しいです。でも
タンポポさんのように
逞しくいくぢょ!

2011/05/14 (Sat) 08:08 | EDIT | REPLY |   

なお  

20ン年前に友人と行った山王岩。
10ン年前に甥の野球の試合を応援しに行った球場。
9年前に父と最後にドライブして乗った遊覧船の船着き場。
かーちゃんの故郷はオイラにも思い出深い場所です。

2011/05/14 (Sat) 01:23 | EDIT | REPLY |   

-  

津波の脅威に・・・・・・言葉もありません。
貴重な写真ありがとうございます・・。

たんぽぽさん・・・涙がでてきます。

一日でもはやく元の生活にもどれますように。。。。
応援しています。

2011/05/13 (Fri) 23:54 | EDIT | REPLY |   

メルとロコのママ  

このブログ、すごいよ。

被災地の今、被災者の今を映した貴重な記録ですよ。
もっと多くの人にみて貰わなきゃ。
なにか良い方法はないのかしら。

2011/05/13 (Fri) 23:54 | EDIT | REPLY |   

ラッキー達の母  

福島の犬猫のこと・・・

突然すみません。動画を紹介させて下さい。

パロディだけど、これが今の日本・福島の
<取り残された動物達>の真実です。

お見事です。心打たれます。涙がにじみます。

是非ごらんになって下さい。

●福島原発避難区域内での動物餓死問題にあの方がお怒りのようです

http://www.youtube.com/watch?v=A_sMqAxnFLI

2011/05/13 (Fri) 23:04 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/13 (Fri) 22:44 | EDIT | REPLY |   

つも  

初めてコメントさせていただきます。

私も海沿いに住んでいますので、
津波の恐怖は子どもの頃から言われていましたが、
どこか他人事でした。

けれど、今回の地震で
初めて津波の恐怖や怖さを
まじまじと知りました。

けれど、人間や植物、すべての生き物は
たくましく生きてけると思います。
きっと被災地の復興も
思った以上に早く出来ることだと思います。

ブログの写真を見て改めて津波の凄さを
知ることができ、また、
後世にも伝えていかなくてはと思いました。

これからもちょくちょく見させていただきますね。

2011/05/13 (Fri) 21:01 | EDIT | REPLY |   

あちゃる♪  

さっきNHKのニュースで宮古の漁港で鳥羽一郎様が『兄弟舟』唄ってらっしゃったずら♪

ホピかぁちゃんの地元で本物の鳥羽一郎が唄ってる~♪
ってちょっと笑ってしまったです(^▽^;)

漁港にきていたみんながすごく喜んで泣いていて…うるっとしましたです。

みんなの力で復興がんば!です。

2011/05/13 (Fri) 20:56 | EDIT | REPLY |   

クーたんと まりもパパ  

こんばんは、かーちゃん。自然の力は凄いね。いつもなら沢山の恵みを与えてくれる海が、今回沢山の建物、生命そして平和な生活を一瞬にして奪い去ってしまいました。とても残念で悲しくて悔しい出来事です。いかに人間は自然に対し無力な生き物なのか思い知らされました。タンポポの様に力づよく一歩づつ前進あるのみだね。東北の色男(父様)見てない!今夜は寝れそうにありません。ガックシ。

2011/05/13 (Fri) 20:15 | EDIT | REPLY |   

福  

たくさんの亡くなられた方々・・・
どんなに怖くて苦しい思いをされたのか・・・
家族のことや大切な人のことをどんなに
思ったことか・・・
そして奇跡的に助かられた方々・・・
38mもある津波から死の恐怖を感じながら
必死で逃げ、人や町がのまれるのを目の当たり
にしてどんなに恐ろしかったか・・・
そして被災地に家族や大切な人がいる方々・・・
連絡が取れず、どれほどの絶望と悲しみを
感じたのか・・・
・・・本当に本当に苦しくなります。
どうか、心折れることなく笑顔が戻ってきます
ように・・・

2011/05/13 (Fri) 19:54 | EDIT | REPLY |   

サスケ姉  

自然の力ってすごいですね
津波のパワーに圧倒されます
でも道端に咲いていたたんぽぽの
写真、生きるパワーを与えてくれますね

2011/05/13 (Fri) 18:30 | EDIT | REPLY |   

pigmon  

たんぽぽ

野花や雑草はたくましく出来てるんですよ。
心強い限りじゃないですか!
地震も自然。津波も自然。道端に咲くたんぽぽもまた自然。
人間なんて無力です。

津波の時の水の力って、何トンにもなるそうです。
そりゃ簡単に水門も壊れて、テトラポットもポッキリとなりますよ。
どこか、偉い化学研究者の方が、何トンにも耐えられる鉱物を創ってくれないだろうか…。

今回の写真もまた貴重なレポで、ごっつい真剣に読みました。
でも、その途中、三王岩前で撮ったほぴおさんがかわいくって、いい意味で「がっくし!」でした。
やっぱりかーちゃん、センスあるわ。
うん。

まだまだいっぱい教えて下さいね。

2011/05/13 (Fri) 18:29 | EDIT | REPLY |   

らんちゃんまま  

防波堤の門の画像を見て、体が震えました。
どれだけすさまじかったか。
こんな頑丈な門がこんなになってしまうなんて。
想像できないことが、起こっていたんですね。

この津波の中でも流されず咲いた野の花。
水門ですら捻じ曲げる引き潮にすら流されない野の草。
何もなければ、ただ春を告げるだけのタンポポが
今は希望すら与えてくれます。
自然ってかんたんに奪うことも
かんたんに与えることも出来るんですね。

----------------------------------
P.S 父様、TVでの勇姿かっこよかったです!

2011/05/13 (Fri) 16:39 | EDIT | REPLY |   

Meg  

ただただ…涙。

かぁちゃんさん、こんにちは。
貴重な写真の掲載ありがとうございます。かぁちゃんさんの写真は被害に合う前の写真もあり本当に分かりやすいですし、あんなに美しい場所が…あんな姿に…っと感じられます。
本当に、美しさももちろんそうですが…自然の力に対してどんなに頑張っても人間は無力な時がある…っというのが分かりますね。写真より実際に目で見て・音を聞き・臭いで感じる方がどんだけショックだろう・怖いだろう…。そんな事も考えました。
本当沢山に時間がかかるでしょうけど…また美しい風景になって欲しいです。みんなで頑張らねば!ですね!
貴重なお話をありがとうございます。
でも、本当たんぱぱさん…強い!頑張ってる!力になりますね。

P.S
父様…俳優業になったらガゼン応援しますよ(笑)父様最高です!!

2011/05/13 (Fri) 15:29 | EDIT | REPLY |   

キヨコ  

最後のタンポポの姿…涙が出ます。
頑張って咲いてくれてありがとう☆
そしてそれを見つけて伝えてくれた、かーちゃんさんにも感謝です。


2011/05/13 (Fri) 15:16 | EDIT | REPLY |   

hotdogs3  

本当に自然の力って凄いです。
何もかも・・・さらって行った大津波。
改めて恐ろしさを知りました。

かーちゃんさんが産まれて育った場所。
思い出の詰まった家。全て無くなったなんて・・・
想像を絶する光景だったと思います。

自分だったら・・どうだろうか。言葉になりません。
 
色々 伝えて下さって有難うございます。

これから自分に何が出来るかをじっくり考えてみたいと
思います。

道端に咲いていたタンポポに勇気を貰った気分です。

2011/05/13 (Fri) 14:27 | EDIT | REPLY |   

こむぎ  

素敵な場所だったんですねぇ…改めて津波のこわさを実感します。
そして、本当にご家族が皆無事で良かった…。
まだまだこれから大変な状況が続くと思いますが、ずっと応援しています。

2011/05/13 (Fri) 13:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment