被災地のペットの様子

53 0
東北地方太平洋沖地震

はい、かーちゃんです。
本日であの大津波、大震災から1ヶ月がたちます。
4月2日から数日間、被災地の実家にやっと帰ることができ
自分の目で色んな事を見て、自分の耳で色んな事を聞いてきました。
被災地ごとに抱えている問題はまったく違う。
被災地ごとに考え方が違う。
被災地ごとに物資の届き方などが違う。
被災地ごとにペットへの理解がちがう。

今回 帰った時のかーちゃんのミッションはまず第一に家族の住み場所を快適にする。
元気パワーを注入しにいく。まぁ、これについては後々お知らせするとして

第二のミッションは避難所のペットの様子を見てくる。
そして頂いた物資を届けてくる。
今日はこのミッションについての報告をしようと思います。
とても話が長いのでご勘弁ください。

0411_1.jpg

避難所のワンコ
このワンコは体育館とは別の建物の更衣室に飼い主さんと一緒にいました。
他にもう人家族がワンコといました。


かーちゃんの田舎の被害は街が丸ごと消え去った状態です。
すでに動画や写真でもわかってもらえたと思います。
でも、かーちゃんが撮影したのはこれでも綺麗になってからのやつで
MAKIや父様の撮ったものは次の日の様子だったりで比べ物にならないくらいの映像や写真です。

あんなに自然にあふれたステキな街だったのに死の街になってました。
街にはたくさんのワンコやニャンコがいました。
あの家にはめちゃめちゃ元気がよすぎるゴールデンがいるよね~(*≧m≦*)
この家にはいつもおりしぷりぷりのコーギーねっ♪
こっちはいつもかわいい洋服を着てたミニピン♪
そうそう、飼い主さんといつも楽しそうにボールなげしたたフラット♪
番犬選手権ではきっとダントツ一位だね・・・ってなミックスのワンコたち。
でも、皆で飼い主さんの番屋(漁師小屋)を守ってたね~。

あっ、あのワンコ あっ、あのニャンコ・・・・
思い出せば次から次とでてくる。
あんなに居たワンコやニャンコ達。

なのに避難所でかーちゃんが会えたのは4匹だけでした。
もちろん無事だった高台の家などに避難してるワンやニャンもいます。
あの時間帯・・・ワンコやニャンコが留守番をしてた家がたくさんあったはずです。
そしてまさか38メートルもの津波がくるとは思っていないので
家にそのまま家族と一緒に残っていた人やペット達もいたみたいです。
一度避難して、そのご物を取りに家にもどりかえってこなかったという人もたくさんいたそうです。



ある男性が津波がきたその日、父様母様の避難所にきたそうです。
抱かれているジョイを見てその場に泣き崩れました。
大の大人が大声を上げて泣いたそうです。

津波発生、避難せよの放送がながれまずこの男性は年老いて病気の母を背負い
近くの避難所に避難させました。
津波の放送が波は4メートル(証言が2メートルという人や3メートルという人もいましたが)
と放送されたので、まあ あの防波堤があるし母を避難させてから
愛犬と一緒に逃げようと思ったそうです。
きっと、すぐ戻るしな!待ってろよ!と告げたにちがいありません。
そして、大地震の後だったにもかかわらず、きっとおとなしく待っていたと思います。

そう、あのいつも楽しそうに散歩やボールなげをしていたフラットです。

MAKIも良く覚えてていつもあのワンコはニコニコしてんだよね~って言ってましたし
かーちゃんも何度も見かけた事ありました。

母を避難所に連れて行き、さぁ愛犬を迎えに向かった途中で
あの街を飲み込む波が襲いました。

自分が・・・自分のせいで愛犬が流されてしまったと
叫ぶように伝えたそうです。


この人の気持ちを本当にわかるのか?
軽々しくわかるって言えない・・・
どれだけの後悔とどれだけの無念さ。
流されてしまったワンコへの押さえられないほどの愛情。
なぜ、あの時・・・なぜ・・・なぜ・・・・・


そして、こんな話も聞けました。

この写真をまず見てください。

0411_2.jpg

この建物では従業員さんと経営者の家族全員がなくなりました。
そして普段から昼はワンコはケージに入れてお店の裏の自宅でお留守番をしていたそうです。
数日してこの家族の死を知り長年の友達がやってきました。
皆のご遺体を確認し、せめて犬だけでも助かっていないか?そう願っていたそうです。
そのころ、自衛隊の人が一匹の犬を保護してきたそうです。母様のいる避難所に。

あのコンビニの前に毎日毎日やってくる犬を連れてきたと。

そう、その家族の愛犬でした。
どうやってケージから逃げたのかわからないけど、そのワンコでした。

母様や他のワンコ仲間も間違いないと確信したそうです。

でも、家族が誰一人いなくなったワンコが避難所に入れるわけもありません。
ましてやいたってダメだったりですから・・・
なのでトラックの荷台にいたそうですが、その友達が 家族の大切にしていた宝、
生き残った、家族の中でただ一つ助かった命。それを無駄にしてはならん!!!

というステキな考えで、そのワンコを引き取り連れて帰ったそうです。

母様も本当によかったと皆で涙したと話してくれました。



この災害で、というかいつでも出てくる問題。ペットの問題。
嫌いな人もいる、アレルギーの人もいる。
それはペットを飼っている人たちや避難所に連れてくる人たちも十分わかってるはず。
申し訳ない・・・遠慮しながら・・・そういう生活に必ずなると思います。
実際、ジョイを連れての避難でも毎日そう思ったと・・・

0411_3.jpg

父様に抱かれる避難所でのジョイ


話し合いでなんとかなりませんか??

他の地域の避難所ではきちんと話し合いをして決まりごとをつくり
一緒に避難所にいれるようになった場所もあるんですよ。

初めに紹介したワンコたちは体育館と離れた違う建物で一緒に生活していました。
更衣室を2つに仕切って2家族で生活していました。広さ的には2家族でぎちぎちでした。
でも、いまだに車の中での生活のワンコもいました。


0411_4.jpg

なぜ、あのワンコが居た建物にいかないの??

更衣室が一杯だから・・・


このワンコの家族はいつも車の中にだれか居るようにしてました。
他にも車のワンと一緒にいた人いました。
でもどっちのワンコも元気でお散歩もルンルンでしてました。
少しだけホットしましたよ。


本当に不思議です。
避難所になっている敷地には他にも建物があります。
トップでしきってるひとたちが声をなんでかけない???
周りが意見してるのになぜ耳をかさない????

ガッカリですよ・・・


しかも頂いた物資を届けようとその辺にいたスタッフ(地元の人)に聞いたら
何を言ってるかわからんし、ペットの物資はあっちへ置いてくれって返答。


あっちってどっちやねんっ!!!Щ(▼皿▼Щ)


ついついカッチーンと切れて叫んだかーちゃんを母様が取り押さえ・・みたいな・・・

この人ヤバいおばさんとわかったのか、案内してくれたけど。
はじめからそうせいっての・・・

0411_5.jpg

これは正義のカッチーンでっす!!


物資は意外と届いていました。
近くの動物病院からも支援物資がきてるみたいで
トイレシートやフードやある程度そろっていました。
何もなかったら・・・と思っていたので安心しました。

0411_6.jpg

物資の整理を手伝ってくれてる母様の図↑
わざわざ部屋から出てきてくれた、ワンコと飼い主さんの姿も見えます。

いちようこの場所に物資をおいたからと車にいるワンコの飼い主さんに声を掛けましたが
たぶん気を使って取りに来なかったりしそうな雰囲気かも・・・・と思い
小分けにして届けてあげました。


何が今いちばん必要なのか・・・・・・


一緒に生活できる場所、一緒に避難できる場所、

これなんだ・・・と本当に思ったかーちゃんであった。




とても長くなってしまってすいませんでした。
ただ行って様子を見てきただけなのに
えらそうですね・・・すいませんm(_ _;)m
なんか自分でも何を書いているかわからなくなってしまいました・・・。




それでも、何も出来なくても また次行った時、必ず会いにいくからね!
その気持ちはかわりません!!!!





いつも応援&訪問してくれて本当にありがとう!

2つのランキングに参加中っすのでクリックして頂けると、
ホッピーもかーちゃんもニコニコですっ♪

人気blog rankingへ人気blog ranking

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村ミニチュアダックスフンド 

*コメントは承認後に公開となります

53Comments

Meg  

言葉がない。。。

かぁちゃんさん。報道ではなかなか知らされないお話ありがとうございました。でも、本当に言葉がないです。本当に、フラットちゃんのお父さん…本当に本当に悔しい思いをしているでしょう。責任を…全責任を自分におおい被せてる事でしょう。気持ち…本当に立場になった方にしか分からないでしょうね。私も悔しいです。きっと、家族にわんちゃん・ネコちゃん等がいる方は
同じ気持ちでしょうね。
それと、家族を失ってしまったワンちゃんのお話…。怖い思いをし…きっとワンちゃんも心配しながらなくなく天国へ逝かれたご家族もお友達に感謝してもしきれないくらいの感謝の気持ちで
天国から見守っていることでしょう。。。そんなお話もあると思うと本当に心から感謝の気持ちでいっぱいになります。
でも、現実は本当に厳しいんですね。。。たまにしか報道されない、ペット達の様子…私もワンコを息子と思ってる身ですので
心配でした。もちろん、本当に苦手な方やアレルギーの方なんかは特に一緒の空間がとてもキツイとは思いますが、やはり家族は
家族なのでそこまで粗末に扱われるのはおかしいと思います。
かぁちゃんさんが代表してカチーンしてくれて私は感謝です。
命は命!!しかも、ペットって言ってしまえば人間の勝手で勝手いる部分も多くあるし…それで商売として生活をしてる人だっているんだから、その人たちも全否定する事になるし…そんなの勝手過ぎますよね?!
もちろん、人間が一番!っていうのも分かります。人間がしっかりしなければ生活…全生活がだめになってしまうのだから…でも同じ命!人間と同じにしろ!っとは言わないけど、もっと丁寧に
大切に扱って欲しい!…あっ、凄く興奮しちゃいました。
ごめんなさい。
私は、もちろん何か出来ることも考えつつ自分の息子を何が何でも守る!大切にする!を今まで以上に実行してます。
会社へも車で一緒に通勤。。。うるさいおばばもいるので事務所には連れて来れないで車でお留守番で我慢をさせてしまってますが、地震がきたらすぐに抱きしめてあげれる場所にいて欲しいので。。。
だれか、被災地でまとめて考えてくれる方がいると嬉しいな(涙)

2011/04/12 (Tue) 11:23 | EDIT | REPLY |   

ふらっしゅまま  

待ってました!かーちゃんさん!

「あっちって、どっちやねん!」
よくぞ仰ってくださいました!
私もかーちゃんさんの応援部隊として、ご一緒に叫ばせて下さい!
「あっちって、どっちやね~~~ん!!!」
本当に本当に毎日心配で心配で
一番知りたかった状況を真実のナマの状況を知りました
かーちゃんさんのレポートなら信頼出来ます
感情で流された怪しい誇大レポートもあります
一概に善悪で語れない問題ではあります
とはいえ、動物たちを家族として暮らしている私たちにとっては
感情が入ってしまうことは避けられません
かーちゃんさんのブログを以前から読み逃げしていましたが
今はもう、どんな報道番組よりも信頼して読んでいます
かーちゃんさんのブログ内容から
私なりに被災地のペット支援を始めました
やはり受け取り手が本当に大変なのだと思いますので
受け手に絶対的に信頼を感じた所のみを探し出し
これからも毎月支援物資を送り続ける所存です
被災ペットの受入も可能ならしたいですが
賃貸の集合住宅なので、コレ以上受け入れる事が出来ないのが
目下、最も辛いところです。
ただ、犬仲間で一戸建てに住んでいる方々が
一頭ずつでも預かってもらえるよう、今お話ししています
被災された方々が一刻も早く個別に暮らせるよう
全国に何万戸も空き室を抱えているUR再生機構に
政府の偉い方々は早く指示をしてほしいです。
地元から離れるのは辛いと思いますが、
それぞれの家族が全員で暮らせる環境が一番ですものね。
ダラダラとスイマセン
かーちゃんさんのブログで
毎日新たな決意と反省をさせて頂き、
誠に誠に有り難うございます
お花見には私も癒されました~桜は勇気をくれますね

2011/04/12 (Tue) 11:05 | EDIT | REPLY |   

sacana  

はじめまして。
かーちゃんさんのブログ、いつも楽しく読ませて頂いてます。ホッピー君を見ると、何年も前に他界したうちの子(ミニチュアダックス)を思い出して、あったかい気持ちになります。
現地のこと、教えてくださってありがとうございます。
避難所でのペットたちの生活。難しいんだろうなぁとぼんやり頭で思ってはいたのですが…想像しようとしてできるものでもなくって。
スタッフの方にかっちーんときたかーちゃんさんの気持ち、ものすごくよく分かります。
ペットを飼っている人には、彼らが家族同様に愛おしいんだということがよく分かるのですが、そうじゃない人たちには、きっと分からないんですよね。
じゃあその人たちが悪いのかっていうと…そうは言えないところが、難しいですよね。
ただ、そのスタッフさんには、「ペットを飼っている側」の熱い気持ちが、かーちゃんさんから伝わったんじゃないかな。そうであったらいいなと思います。

余震が続いているようですが、どうぞかーちゃんさんもくれぐれも気をつけてくださいね。

2011/04/12 (Tue) 10:49 | EDIT | REPLY |   

hotdogs3  

今ブログを読み終えて・・・。こういう形でしか状況が分からない者として・・・
何も言えません。その場に居て 同じ体験をした者同士にしか分からない事がいっぱいあるんですよね。
私なんてTVの映像だけの情報で、色々感じるだけで。簡単に頑張って下さいとか、とても言えません。
ホント無力さを感じるだけです。

ただ、一日も早く人もペット達も安心して暮らせる日が来る事をお祈りするだけです。

2011/04/12 (Tue) 10:47 | EDIT | REPLY |   

はっさん  

ありがとう

かぁちゃん、ミッション
報告ありがとうございました。本当に本当にありがとうございました。更衣室、狭いでしょうに。現地に行かないときっと知り得なかった情報ですね。物資のこともありがとうございました。意外と物資は届いていると聞いてホッとも出来ないですね。だって、きっと、避難所で心苦しい思いで遠慮がちにいらっしゃるでしょうから。なんだか切ないですね。
そうですね、一緒にいられる場所が欲しいんですよね。署名頑張って私達も集めてますよ。聞いたら、目標の10,000人はすでに超えて35,000名以上の署名が集まっているようです。私達も、近所や、会社でまだまだ署名活動してます。きっときっと、願いは想いは届きますよ。諦めないで、頑張りましょう。

2011/04/12 (Tue) 10:02 | EDIT | REPLY |   

はる  

本当に!!!
「あっちってどっちやねんv-412

実際の様子ってこんな感じなんですね・・・。
ペットって何もない時は家族なのに、災害が起きた時は軽視されるのはなんでなんでしょうね・・・。

悲しい現実です・・・。

人間の事で精一杯って言うのはわかるんです。
でもその人間の勝手で小さな命を軽んじるのはどうでしょう??

避難所でも安心してワンコやニャンコたちと過ごせるようになったらいいなぁ。

仮設住宅の建築も遅れてるらしいですね。
早く人間も動物も安心して過ごせる日が来ますように・・・。

2011/04/12 (Tue) 09:04 | EDIT | REPLY |   

かのこ  

erikaかーちゃん、ありがとう。
率直な文章が、生の現場を伝えてくれました。

ペットを助けられなかった人、ペットだけが生き残った家、
それぞれに辛いです。
避難所での扱いも、場所によって違うみたいで、
保護団体に、落ち着くまで預けている人もいるようです。

私も、何かできないかと、保護団体に支援金を送りました。
でも、まだまだ何かできるんじゃないかと、そわそわしています。
ペットの情報をかき集めているような日々です。
うちも、ダックス2匹いますし、家族だと思っているから、
被災したペットとその家族のことを思うと、胸が痛む毎日です。
ワンもにゃんもうさもハムも、みんな家族です。

1ヶ月経ったのに、まだまだ本震のような余震の続く日々。
少しでも早く、仮設ができて、家族単位で暮らせるようになるよう祈っています。

erikaかーちゃん一家は、アパートに入ったから、支援物資はどうなりますか?
もらえるのでしょうか・・・避難所優先と聞きました。
自分達で、いろいろ揃えるのも大変だと思います。
何か必要なものがあったら、書いてください。
貧乏だけど、喜んで協力します! 

こんな時こそ、世間に恩返ししなくちゃ。
今まで散々福祉の世話になってきた、母子家庭の母ですからね♪

元ヤンのerikaかーちゃんと、ホピオ・デラックスの力があれば、
みんなに笑顔を届けられると思います。
一緒にがんばりますよ~!!!

2011/04/12 (Tue) 02:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/12 (Tue) 01:58 | EDIT | REPLY |   

-  

お疲れ様でした。かーちゃんさんの気持ち痛いほどわかります。
現地の声が聞こえにくくなっている今、かーちゃんさんの声はほんとうに大事です。
これが現実なのだという思いでいっぱいです。
被災者の方もペットも心の傷は計り知れないと思います。
ほんとうに・・ほんとうに・・一日も早く復旧作業が
はかどるよう祈っています。









2011/04/12 (Tue) 00:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   

あっこ@七飯  

かーちゃん、えらそうだなんて思わないで下さい。
現地にいる方々、現地に行った人でなければ、本当の状況はわかりません。
先日偶然、支援の為に現地に行ったと言う方からいろんな話を聞くことができました。
ニュースで言ってること、真実は半分ぐらいだと私は感じました。
だから、かーちゃんのように現地に足を運び、ありのままを伝えてくれることがとっても大事なことなんです。
そしてそれを受け止め、みんなで力を合わせて進んで行かなくちゃ!

わんこやにゃんこ達、立派な家族です。
人間と同じ命を持ってるんです。
一日も早く一緒にそばにいられるようになることを願います。

かーちゃん、いつもホントにありがとう。
ホピオくん、かーちゃんが無理したら「休むですよ」って言ってあげてね。

2011/04/11 (Mon) 23:15 | EDIT | REPLY |   

陸  

避難所のロッカールームに追いやられている飼い主さんとワンコ、母様が出たモーニングバードで母様の後にインタビューされていた方かと思います(もしかしたらロッカールームにいらっしゃった別の方かもしれませんが)。
避難所の体育館の男性のロッカールームにいらっしゃいました。
犬がダメということでロッカールームしか空いていないようなことをおっしゃってました。

その飼い主のご婦人のご主人が津波で亡くなったそうです。
ワンコはご主人のことが大好きだったそうです。
今もいつ帰ってくるかとばかりにロッカールームのドアを見ているとおっしゃってました。
すごい悲しかったです。

同じ避難所かわかりませんが、体育館の2Fにダックスちゃんが具合が悪くてお子さんが心配していました。
獣医さんに連れて行ったらストレスというようなことを言われてました。点滴されていました。

ペットだって地震で怖い思いをしているし、避難所などでストレスもたまっています。
ペットも人間も同じ状態だと思います。
でもペットを飼っていない人にはわからない感情かもしれません。

アレルギーもわかるし、犬が嫌いという人もいるのもわかります。
(義母が犬・猫が大の苦手なので・・・)
避難所の他の建物があるなら、ペットがいる人はそちらを使うなど対処の仕方が何通りもあると思います。

その番組でも言ってましたが、ペットを抱きしめることで人間もストレスが軽減されるそうです。
ペットだって大好きなご主人に抱っこされたらうれしいし、安心もするでしょう。
避難生活が少しでも良くなるようにしてほしいものです。

2011/04/11 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Jinhee  

>ただ行って様子を見てきただけなのに
>えらそうですね・・・すいませんm(_ _;)m

とんでもありません!ご家族をかーちゃんさまの明るさで照らして、のみならず、被災地のペット連れの皆様のサポートまでなさって。本当に、心から、素晴らしい心を持った方だと思います。

いつも、かーちゃんさまの記事は涙無しでは読めません。
何か、必要な物資があれば、ブログで呼びかけて頂ければ喜んでお送りします。
どうぞ、ご家族をその明るさで癒してあげてください。ずーっと応援しています。

2011/04/11 (Mon) 23:03 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 22:17 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 22:15 | EDIT | REPLY |   

なお  

初めまして

震災からこちらを読み始めてずっと読み逃げしていました。
盛岡でパピヨン母娘3匹と暮らしている中年です。

オットの実家がそちら方面なので(旧N村、現宮古市)
他人事に思えないのに何にも出来ない自分が情けなくて
せめて・・・と署名を集めてます。
田老出身で内陸で犬の訓練士をしていた知り合いが
今回の震災をきっかけに地元に戻ったようです。
彼女が被災地のワンコ達を一匹でも救ってくれる事を
祈って止みません。
他力本願でごめんなさい。

被災県でも普通に生活出来てると未だに実感が沸きません。
でも、物見遊山のように現地に行くのは出来ないので
被災者の方々、ペット達が一日でも早く安らかな生活が送れる
ように祈らずにはいられません。

2011/04/11 (Mon) 21:51 | EDIT | REPLY |   

はなママ  

かーちゃん、お疲れさまでした。
毎日、いや毎時間続く余震とは言えないほどの本震のような地震が続いていますが、ご実家の皆さんは大丈夫でしょうか?
誰に向かって文句を言えば分からないので、とりあえずテレビに向かって、「ええかげんにせぇよー!どんだけ怖い目にあわさたらええねん!地震ーー!!」と毎度叫んでます。

避難所によってはペット可の所もあるのだから、もっと考えて欲しいですね。
それと、離されてさまよっているワンちゃんを見ると、胸が痛みます。レスキューの人達がたくさん現地に入って保護されているみたいですが、まだまだ残っていますね。
私は何も出来ないので、保護団体に支援金を送らせてもらっています。
かーちゃんが切れたの、分かります!
私もきっと切れまくっていたでしょうね。
その言い方はないだろう!!って思いっきり怒鳴っていると思いますよ^^;
自宅待避の人達には物資が届かないとも聞きました。
お父様達も別に住むところを借りられたら全部、自分達で生活しなければいけないから、今度行く時は生活用品をもって行かないとですね!
必要なものがあれば書いてくだされば、ここに来ている人達でお役に立てることがあるか分かりませんので、叫んで下さい!^^

2011/04/11 (Mon) 21:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 21:16 | EDIT | REPLY |   

ろっくり  

体の傷は時間が経てば治りますが…心の傷は時間が経つ程に、悲しみ憎しみ後悔と人それぞれ色々な傷となり痛みが増します。少しでもその痛みが和らぐように、被災してない私達が手を差し伸べないと…と感じました。今だけではなくこれからもずっと永く温かい手を…
辛い現実を目の当たりにしたか~ちゃんのブログで沢山の人々が救われると思います。思った事、感じた事を書いて下さい。
私は出来る限り力になりたいと思います。

2011/04/11 (Mon) 21:09 | EDIT | REPLY |   

のあ  

流されてしまったペット達のこと考えると、涙が止まりません。

とりまとめている人が、ペットを飼っているかいないかで、
差が出てしまうんでしょうかね?
とくに犬は登録制なのに、行政は何にもしてくれない。
「登録しろ。してないものは罰する。」だけでなく、
有事の時の対処まで法整備する必要があるのかもしれないですね。

今は人の住みかさえ、きちんと確保できてないから、
仕方ないとしか言えないかもしれないけど、、、。

今日も大きな余震がありましたね。
再度帰る時、余震がないといいですね。

2011/04/11 (Mon) 20:39 | EDIT | REPLY |   

コタロ  

エリカさん、辛い状況を報告くださってありがとうございます。泣き崩れた男性の気持ち、毎日毎日コンビニに来てたワンコの気持ち、車の中に居るしかないワンコ、そしてその家族…それぞれの気持ちを思うと胸が張り裂けそうです。そんな中、署名活動や募金しか出来てない自分が申し訳ないです。エリカさんが言うように、一刻も早く、ペットと一緒に居られる居場所が本当に必要だと思います。とにかく、みんな元気で生きて、と願うばかりです。

2011/04/11 (Mon) 20:34 | EDIT | REPLY |   

ozizi  

また余震、山形は震度5強でした。

現場終えて帰宅したら白内障で目が見えないプー太郎はソファーの上でオドオドと震えてました・・・

においを便りに「プー太郎!!」と呼ぶ俺の声にあっちこっちと頭をぶつけながら探し寄ってきました。

「大丈夫だよ。」と抱きしめて体をさすってあげてもしばらく震えるプー太郎・・・


山形は新入学&登校が始まりお姉ちゃんと一緒に長男は初登校して行きました。
被災地の子供達  卒業式や入学式が延期するしかない現状
そしてワンコやニャンコ達。
人間と何も変わらない命。

泣いてるだけじゃ行けない。立ち止まってても何も始まらない。
だから自分も諦めません!
出来る事からコツコツと。進みます!

2011/04/11 (Mon) 20:22 | EDIT | REPLY |   

スモーキーママ  

もう、1ヶ月でしょうか?
まだ、1ヶ月でしょうか?

いずれにせよ、被災地は映像で見るより、
壮絶だった事と思います。

人間は色々と支援してくれる人がいます。
しかし、動物たちはどうなのでしょうか?

私達ができることは何でしょうか?

2011/04/11 (Mon) 20:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 20:12 | EDIT | REPLY |   

millハハ  

こんばんは。ご自宅の震災、本当に大変ですね。
ペットの様子を知りたくて、なにか力になりたくて、色々とネットで見ています。
中にはペットを完全否定するような心痛む記事もありました。
かわいい我が子と思うけど、苦手な方には分からないんですよね。
縦に首を降ってわかるとはやっぱり言えませんが、理解しなければいけないこともわかります。
ペットを理解する人、嫌な人でちゃんとわけて、お互いが生活できるように行政が対応してほしいものです。
震災があったからこそ、ペットが生きる希望になってらっしゃるかたもいるわけですし。

HP、毎日みてます。
頑張ってください。
陰ながら応援しています。
被災地の状況、報告ありがとうございます。

2011/04/11 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   

ろちゃ  

一番必要なもの・・・

それは一番手に入れられないもの
ペットと共に過ごせる場所・・
必ず問題になりますね
我が家の3ダックス、知らない人が苦手・吠える
まず同室は無理です
命に優先順位なんてつけられません
どんな命だって大切な命
どうかここから大きな輪が広がって
どの避難所でも同伴可になれることを祈ります
ホピママ、レポありがとうです
体は大丈夫ですか?
無理は禁物ですよ

2011/04/11 (Mon) 18:52 | EDIT | REPLY |   

yuki  

かーちゃん&ホッピー君今晩は。
読みながら涙がでて・・・・・。
愛犬を津波で流された飼い主さんの気持ちは辛く他人が想像する以上だと思います。
避難所に入れるペットはまだ良いけど車で寝泊りされてる方もまだまだ沢山いらっしゃると聞きます。
震災から1ヶ月もっと速やかに仮設をと願います。
個々の心のケアは大丈夫なのでしょうか?


2011/04/11 (Mon) 17:48 | EDIT | REPLY |   

ティアラ  

かーちゃんの怒りや思いは、決して偉そうなんかじゃないと思います。
実際かーちゃんの目で見て感じて思ったことなんですから。
ニュースなどで被災地の動物のことを見ると、自分が何も出来ないことに腹がたちます。

フラットちゃんを亡くされた男性の気持ちを思うと胸が張り裂けそうです。
と同時に、フラットちゃんの飼い主さんが来てくれると信じて待っていた気持ちを思うと、神様なんていないんじゃないかと思ってしまいます。

きっとその方は、自分のせいで…きっと待っていたのに…とずっとずっとご自分をせめ続けてしまう。コンビニの子だって家族がもういないのにきっと毎日毎日、必死に探し続けたんだと思うと、人も動物も家族を想う気持ちは一緒なのに、どうして人間は自分達のことばり優先なんだろうと感じてならないです。


しかたない…どうしようもない…なんて言葉ですむ命なんて一つもないのに。
かーちゃん、そういう辛く悲しい思いをしてる人を少しでもホピオ君の笑顔で癒してあげてください!!

2011/04/11 (Mon) 17:36 | EDIT | REPLY |   

める  

TVとかはどうでしょう?

えりかさま、書きながら涙しているんでしょうね。
読んでいる私たちが、涙が止まらないんですもの。

遠い被災地に居る家族や、亡くなったジョイちゃん、
車の中のワンコたちのこと思わずにはいられないと思います。
なのに側に居れない悔しさを感じていることと思います。

せめて、こちらに居てできること、
協力できたらと思います。
避難所の部屋があまっているなら、車の中のワンコたちと家族に
開放して欲しい。

最近はTVでも被災地で助かったペットの話とかもやっています。
TV局に電話やFAXをして取り上げてもらうのはどうだしょう?
車の中で生活しているワンコたちを助けてあげたい
心から思います。

避難所の場所と名前を教えていただけないですか?

2011/04/11 (Mon) 17:16 | EDIT | REPLY |   

殿はは  

涙ながらに拝見しました・・・。
ご報告、本当にに有難うございます。

erikaさん、なんにも「えらそう」なんかじゃありませんよ。
仰るとおりだと思います。
東海地方在住で、我が家にもかけがえの無い2ワンが居ます。
すべてが他人事に思えません・・・。

きょうは、地震の起きた時間に黙祷をさせて頂きました。
ひと月経ったのですね・・・。
何も出来ませんが、いつも皆様を応援しております。

2011/04/11 (Mon) 17:04 | EDIT | REPLY |   

vivi  

erikaさん、現地の状況を教えてくださってありがとうございます。
ペットを飼っていない人の言い分も分かるし、
『人が生きてくだけで精一杯』とか『ペットごとき』的な
考え方も少なからず理解できます。
でも現にペットを飼っていて、そのこたちと生活していると
このような現実がつらくてやりきれないです。
署名集めたり、義援金を送る事しか出来てない自分が歯がゆく
申し訳ないです。

もし少しでもerikaさんの力になれる事があるなら
協力しようと思ってます。
私は残念ながら元ヤンではないですが(笑)
裏番的な扱いをされる事もあったので(ふざけてですよ!)
底力はあるかと・・・(爆)

erikaさんのレポートを読んで自分に出来る事を
また考えたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

2011/04/11 (Mon) 16:53 | EDIT | REPLY |   

miki-p  

私も間違いなく、そんな言い方されたらキレまくりです。
気がついたら、自分が仕切ってるみたいなね。
わかります。
結局、みんないっぱいいっぱいで段取りがよろしくないんでしょうか。


こんな時でも、冷静に判断、指揮できるリーダーシップのある方がいる避難所は、
やはりまとまりがいいのかも知れませんね。
小さなコミュニティでも、やっぱり舵を取る方って必要だと思います。


ワンコたちのお話、もうつらすぎてつらすぎて…。
犬が繋がれっぱなしとか、流されるとか、想像しただけで涙涙です。
人間だって大勢の人が亡くなり、それ以上に行方不明の方がいる中で、
なんとか生き残った人がいる。
犬や猫も同じじゃないですか。
頑張ってなんとか生き残ったんですよ、同じ命なんですよ。
命の重さは人間も犬も同じなのにね。
分かってもらえないのが、ほんと悲しいです。

2011/04/11 (Mon) 16:49 | EDIT | REPLY |   

fatmama  

エリカさん、お疲れ様です。

難しい問題ですよね。
犬猫が好きな人ばかりではないことは百も承知だけど
人間だけが被災したわけでなく、犬猫・動物全てが
被害にあったのに、動物という理由だけで避難場所には
入れなかったり…
やりきれない思いが沸いてきます。

ワタシはあの日から、ウチのMダックス4ワンズと
Mシュナウザー1ワンズを災害から守ることが出来るだろうかと
考える日々が続いてます。
仕事中だったら、お留守番中の5ワンズはどうなるんだろう?
かとか、一緒にいたとして5ワンズをみんな避難させることが
出来るんだろうか?とか、避難場所で5ワンズとどう生活して
いけばいいんだろうか?とか・・・

エリカさんは、今正にその状況下にあり、腹が立つことや
悲しい思いをすることが多いと思います。

人間の悪いところは、この地球上の生き物は人間だけのような
考え方をする人が多いということでしょうか。
人間も同じ動物。
犬であろうが猫であろうが、全て助かった命は大切にされるの
が当たり前だと思います。

後で助けに来ると言った男性の気持ちが、容易く理解できる
とは今言えないかもしれませんが、痛いほど伝わって来ます。

長くなり申しわけありません。

どうかこの先もまだ長く続く復旧と復興の日々を、どうか
乗り越えて下さい。
ワタシも出来る限り支援したいと思います。

2011/04/11 (Mon) 16:05 | EDIT | REPLY |   

しほ  

貴重な情報をありがとうございます
えりかさんが身をもって体験した記録はどんなドキュメンタリーよりも心に入ってきます

アレルギーの人、嫌いな人がいるのは仕方ない。。
だけど、今みたいにただ一方的に追いやられるのではなく、
飼い主側にももう少し選択肢を残してほしかったなって。
最初がなんとなく許されてて、
落ち着いてきたころに疎外されていくなんて悲しすぎます

人間様のいら立ちがペット達に向けられてるようで切ないです。
せっかく生き延びた大切な命なのに。

少しずつでもみんなのもとに幸せが訪れますよう。
祈っています。

2011/04/11 (Mon) 15:48 | EDIT | REPLY |   

BOCHIMONA  

かーちゃん、お疲れ様です!!

「見てきただけでエラそうに」
なんてこと、絶対に無いです!!

現地の声、情報を発信することは
とてもとても大事なことだと思います!
お疲れのところ、貴重なレポありがとうございます

フラットちゃんの話、涙がでました。。。
家族を待つわんちゃんの話、涙がでました。。。


元来、群れを成し生きていた彼らを ペット化し、
自分たちの都合の良い様に品種改良し、
独自に生きる術を奪ったのは人間です!!

それが悪いというのではなく、
その責任は人間が
絶対に果たすべきだと 強く感じます!


「人命優先」 確かにそうです。
だけども
ペットだって幸せに生きる権利はあります!
大事な命なんです!


先日、
自宅の庭先で鎖に繋がれたまま
餓死していたワンちゃんの記事を目にしました。
胸を引き裂かれるような思いでした。。。


被災地から遠く離れた我家ですが
何かしてあげられることはないでしょうか??

そんなことばかり考えています。。。

2011/04/11 (Mon) 15:23 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 15:05 | EDIT | REPLY |   

みぃ☆  

かーちゃん様。
お疲れ様でした。

ホント悲しい現実・・・。でも正直遠くから見て聞いているだけなのでホントに分かっているのかどうかの私。

テレビで、ペットのことが放送されるとチャンネルを変えていました。直視出来なかったのです。
助からなかったこたちがいっぱいいる。
離れ離れの家族がいっぱいいる。
避難所に入れない家族がいっぱいいる。

そう思うとテレビを見れなかったのです。

かーちゃんは、ご自分の目で見、耳で聞き、出来ることをしてきた。
偉そうなんかじゃない!
ありがとうございますと言いたいです。

どうかもっともっと、ペットといる家族にも
快適な避難生活が出来るようになりますように・・・
祈るばかりです。

2011/04/11 (Mon) 14:56 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 14:55 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 14:43 | EDIT | REPLY |   

すーちゃん  

シェアありがとうございます

かーちゃんさん。
初めまして。ここ数ヶ月、ブログを拝見させていただいていました。
今回の被災地のペットの状況のこと、シェアしてくださってありがとうございました。
現実がわかって、とても役に立ちました。
私も、今週の木曜日に被災地へ初めていってきます。(石巻へ行く予定です)
今回の訪問は、毎週行っている知人に同行させてもらって「人」への支援です。
先日、ある動物保護団体へ支援物資を託したり、と被災したペットたちに何か出来ることはないか、と常に考えています。
東京にいる身で、何ができるのか、まだまだ情報も少なく、わからないことだらけですが、もしかーちゃんの力になれることがありましたら、ぜひ教えてください。
今の状況は、「人」を助けることはもちろん重要なことだと思いますが、
「人だけ」を助けられれば良い、という状況ではないはずです。
同じ「命」である、犬も猫も、他の動物たちも、一つでも多くの命を助ける事が、被災せずに、ここで生かされている私たちの使命なのではないでしょうか。

今回のこと、シェアをしてくれたかーちゃんの勇氣と心に感謝しています。
ありがとうございました。

2011/04/11 (Mon) 14:18 | EDIT | REPLY |   

ぷぅ  

初めてコメントします。いつもホピオさんに癒されております。
我が家にも、老猫(20才)、中型犬2匹小型犬2匹います。今回の地震では、正直見たくない、考えたくないと思っていましたが、こは、紛れもなく事実で他人事ではないと思いました。知り合いとかの安否確認が出来たあと、思った事はやはりペットたちの事でした。我が家は阪神大震災の時に被害はあったものの
老猫も無事でしたし家も何とか大丈夫だったので深く考えていませんでした。でも、2年前の台風での洪水があったので、改めて主人と話し合いました。
チビッコと老猫はゲージで誰がこの子。大きい子は、自力で頑張って貰う。とそのために、泳ぎの特訓しました。(^o^)
なにも出来ないけれど、ペットと一緒に非難出来る場所が増えるよう署名運動しています。

2011/04/11 (Mon) 14:14 | EDIT | REPLY |   

mary1989  

目から水が…

四国にいるからか、こんなにも肉迫した情報は入ってきません。テレビのニュースでも、当たり障りのない情報しか得られませんし、ましてペットに関する情報なんて入ってきません。

私の運営するブログは、脳天気でわがままなうちのダックス、ミント君の情報と、趣味の旅行関係のブログなのですが、今回の記事を読んで、ホッピー君のブログのリンクを貼らせていただきたいと思いました。

毎日更新してくださるエリカさんの情報は、被災地の今をとても感じることが出来るものだと思います。四国の、それも瀬戸内側に住んでいると、津波とは本当に縁がないので、ともすれば忘れてしまいがちになります。(原発はありますが。)ですから、これからも毎日お邪魔させていただき、考える糧とさせていただきますね。

ホッピー君の写真は本当に心を和ませるものとなっていますね。このブログを楽しみにしている被災地や被災地周辺の方々のために、また、これから復興させなければならない、日本のために、ホッピー君の可愛い顔からたくさんのエネルギーを放出させてくださいね。

2011/04/11 (Mon) 14:12 | EDIT | REPLY |   

みー  

エリカかーちゃんこんにちは。正義のカッチーン素敵です。ペットも我が子です。我が子と一緒に生活したいのは当然です。私も同じ立場になったらそう思います。でもそうでない人もたくさんいるんですよね。切ないですよね。早く被災者の方々が安心してペットたちと暮らせる日が来るといいなと思います。やっぱり、家族は一緒がいいですから

2011/04/11 (Mon) 13:54 | EDIT | REPLY |   

茶々丸の母  

エリカかーちゃんがご自分の目で見て感じたままのご報告
ありがとうございました。そして本当に本当にお疲れ様でした。
言葉がなかなか思いつかないのですが、生きている私達、
まだ十分に助けられる立場にいる私達に何が出来るのか、
これからも長い道のりですが出来るだけの協力をして行きたいと
今日のお話を読んで強く思いました。
かーちゃんも精神的にも体力的にも大変なのでは?
ホッピーの為にもどうぞお身体を大切にちゃんと休んでしっかり
食べてくださいね。

2011/04/11 (Mon) 13:52 | EDIT | REPLY |   

pigmon  

無念

かーちゃん、全然偉そうなんかじゃないよ。
と言うか、かーちゃんじゃなきゃ、誰がこんな大切な事教えてくれる?
阪神淡路のときも同じ問題が起こってたんだよね。
結構ごたごたやってたんですよ。
でも、他の問題が大きすぎるからペットなんかどうでもいいって扱いなのよね、結局。
ペットを連れている被災者は小さくなってるのが精一杯で、問題提議なんてとんでもない!自分の居場所さえ無くなっちまう!
って、それで終了。

本当なら、すごく教訓になって、次に大災害が来た時のノウハウになってもいい機会だったのに。
何のシステムも構築されなかった。
ごめんなさい。
16年前のあの時、もっと我々関西の者がちゃんとやっていれば…。

かーちゃんのレポートに出てきたわんこの話を読んで、もう、どう言っていいのか…。
昨日の深夜に放送していたドキュメンタリーで、
http://www.ntv.co.jp/document/ ←日テレHP参照
岩手放送のカメラマンが、高台に避難しながらカメラを回していて、津波がじわじわ襲って来て、濁流になり、家が流れ始め、あっという間にどんどん流れる様子をずっと映していたのですが、同じ場所に一緒に避難していた子供たちが泣き叫びだし、大人は呆然とする姿が映っていました。
見ていて、心臓がバクバクし、体が震えました。
怖かった。
これを生で見ていた東北の何万人もの人達は…。

かーちゃん、もっといろいろ教えて下さい。
もっと私たちに伝えて下さい。

最後に…ヤンキーの血、バンザイ。

2011/04/11 (Mon) 13:38 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 13:36 | EDIT | REPLY |   

hana  

エリカさん、お疲れ様・・・
気持ち解ります。
私もきっとキレテその現場にいたらエリカさんと一緒に怒りまくっていたかも(笑)・・・

確かに動物嫌いな方もアレルギーな方もいらっしゃることでしょう。。。
でも、家族なんですよね。。。私達にとっては。かけがえの無い。。。
何故、他にもスペースがあるのに。。。
云っても仕方の無いことかもしれませんが切ないです。

2011/04/11 (Mon) 13:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 13:18 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/11 (Mon) 13:14 | EDIT | REPLY |   

はる・なつ母  

いっぱい報告してくださってありがとうございます。

当初からペットの映像があまりにも少ないので、いっぱいいたはずなのにどうしてるのかなあと主人と心配していました。
やはり助かった子があまりいなかったんですね。。。
その中せっかく助かった命がないがしろにされてるのは、悲しすぎます。

人間が生きるか死ぬかの時にペットなんてと思う人もいるんでしょう。だけど飼い主にとっては生きる力が湧いてくるかけがえのない存在なんだってこと、わかって欲しい。

最初のワンコはテレビに出ていた子ですね。
更衣室での生活も大変だと思いましたが、外でもっと大変な思いをしている家族もまだいるんですね。

ほんとに一日でも早く一緒に暮らせる住まいに移れますように。
うちも2匹いるので守りきれるか不安になります。

2011/04/11 (Mon) 13:08 | EDIT | REPLY |   

こむぎ  

本当に、本当にかーちゃんと同意見です。
現場に居たら、間違なく私もキレます。

日本はペットに関して、本当に遅れてる!
アレルギーの方はともかく(仕方ないですから)「嫌い」という理由はどうかと思いますよね。私あんた嫌いだから外出ててよ、と言うのと同じですよ…。
被災して大変な思いをしたのは命あるもの皆同じなんですから、どうか対応して欲しいと切に祈っております。

2011/04/11 (Mon) 13:07 | EDIT | REPLY |   

ミィ  

何書いてるか分からなくなるような、ストレートな溢れる気持ちこそ、真っ直ぐに伝わって来ますよ。
愛犬が流されてしまった方の思いは分かるけれど、気持ちはきっと想像以上だと思います。
私が同じ立場だったら…。
そして、家族は亡くなってしまったけれど助かった命。
新しい家族に引き取ってもらえて本当によかった。
自分達も大変な時に、なかなか出来ることではないですよね。


震災から一ヶ月。
明るい光が皆さんに見えてくることを、切に願っています。

2011/04/11 (Mon) 13:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment