病気を治してあげたい

スポンサーリンク



うちの実家にはジョイというイングリッシュ・セターなのかポインターなのか分からない犬がいる。メスで年齢は10歳はこえている。

とても賢い犬で、庭に放していても、絶対に庭から出ない。しきりもなにもないのに、絶対でない。人が大好きで、すぐにお腹をみせ撫でてと催促してくるような、愛嬌たっぷりの犬である。



今まで、父親が狩猟をやっていたので、甲斐犬や柴犬やポインターなどなど沢山の犬がいたが、父も母もジョイは本当に変わった犬だ・・・と言っているほど忠実で人間みたいな奴である。



この子が、病気である。

症状はとにかくがでない&出すときとても痛がりキャイーンとかクーンクーンとか泣きながらりきんでいる。痛すぎて、出したいのに少ししか出せずを何度も繰り返す。でたには血が混じってることもある。



多分3年は経っているだろう・・・。



もちろん病院を何件も回ったようだ。(とーちゃん&妹)

診察台の上で、お医者さんにの出るところへ、グーーーと腕まで入るくらい手を押し込まれても、懸命に我慢し、一切鳴かないらしい。



ガンじゃないか、痔じゃないか?と思い診察後聞いても、

一種の遺伝子とでもいったほうが・・・・みたいな、お前バカにしてんのかというような結果でどこも終わる。

精神的&育て方といった医者もいたらしい



の出てくるところが、ものすごく腫れて、後ろからみるとその場所がすごいでかく見えるほどである。そしてグジョグジョしている。

散歩から帰ると、とりあえずその場所に薬を塗っているが、いっこうに改善されない。

よくなったり、悪くなったりの繰り返しだ。



普段はとても健康&元気で今で春夏秋冬かまわず川へ飛び込み大好きな泳ぎを満喫している。



この病気はなんなのだろう・・・・。

そして治療法はあるのだろうか・・・・。



この子をなんとかしてあげたい・・・・・。





ホッピーも大好きなジョイのためにも・・・・。



Facebook版
お留守番犬・ホッピーの日々
Facebookではブログ更新一言と
留守番中のホッピー写真を随時UPしています。

instagram版
erika_hoppy
instagramにはボツ写真から載せきれなかった写真を
順次UPしてますのでよかったらご覧ください。


こちらの記事もどうぞ


 

Comment

Leave a Reply










Trackback